ここから本文です。

当組合ではお客様と組合員および従業員の皆様が
安全かつ安心して利用できるお店づくりを全力でサポートいたします!

新型コロナウイルス感染症の拡大予防に当たって

新型コロナウイルス感染症については、現在、新規感染者数の増加が見られ、社会経済活動を維持しつつ、適切な感染防止策に早急に取り組む必要があるところです。

特に、飲食店(接待を伴う飲食店以外も含む。以下同じ。)において、多数のクラスターが発生していることから、当組合においても新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けたガイドラインの周知徹底および遵守の徹底を進めてまいります。

そのため当組合では、全国社交飲食業生活衛生同業組合連合会および公益財団法人全国生活衛生営業指導センターが取りまとめた「新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」および「ガイドラインチェックシート」をもとに、各店舗の新型コロナウイルス感染拡大予防の取り組み状況を把握するため、各支部担当者が直接各会員の店舗を巡回し状況を確認する「巡回指導」を9月1日より順次実施いたします。

感染防止対策取組店証のイメージ

巡回指導の実施によってガイドライン項目への取り組みが一定程度実践されていることが確認された場合は、「感染防止対策取組店証」(以下「取組店証」という。)」を交付基準に基づいて対象店舗・施設に交付いたします。

なお、「取組店証」は、巡回指導においてガイドラインへの取組状況が確認され、交付基準を満たしている店舗・施設に交付されるものであり、確認していない店舗・施設に交付したり、コピー等を掲示することは許しておりません。そのため当組合においては、「取組店証」の信頼性を損ねないよう、十分な巡回指導を徹底してまいります。

当組合の会員の皆さまへ

皆さまのご商売は、不特定多数のお客様と接する機会の多いご商売です。そのため人から人へと感染が拡大することを防止するためには、経営者そして従業員が感染するリスクが高い商売をしているという自覚をもつことが大切です。

もし経営者、従業員が感染した場合、お店や施設を利用した多くのお客様にも新型コロナウイルスを感染させ、感染拡大につながってしまうリスクがあります。

当組合では前述の通り、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の推進および「感染防止対策取組店証」(以下「取組店証」という。)」を交付するための「巡回指導」を実施してまいりますのでご協力を宜しくお願い申し上げます。

なお下記では、厚生労働省のご指導、同感染症対策専門家会議による提言を踏まえて全社連がまとめた「社交飲食業における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」などを掲載しております。毎日の営業において、感染拡大防止に取り組む目安にしていただき、従業員やお客様が安全かつ安心して利用できるお店づくりを目指しましょう。

当組合の会員を募集しています!

新型コロナウイルスの感染拡大により影響を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。

当組合では、お客さまの健康・安全を最優先に、新型コロナウイルスの感染拡大予防に取り組むとともに、日本政策金融公庫の融資の斡旋や音楽著作権利用料の団体割引等の提供など、さまざまなサービスを提供しております。

このような情勢であるからこそ、ぜひ当組合の会員としてご加入いただき、新型コロナウイルスに負けずに力を尽くし、そして共に支えあっていけたらと存じます。

当組合に加入のお店をおトクに利用しよう!
飲食業のオーナー様、起業をお考えの皆さま、当組合に加入しませんか?